必要な手続きや書類について

キャッシングをする際には、店頭窓口やネット上から申し込みをすれば良いというものではありません。その後審査が行われて審査に通過すれば本格的にキャッシングが利用できるといったスタイルになっています。契約をする際に必要な書類はありますが、まずは申し込みをする段階で提出しなければならない書類があります。それが身分証明書類。まずは身分証明書類を提出しなければ、審査をしてもらうことすらできませんので覚えておきましょう

書類会社によって、また金額によっては収入証明書類が必要になってしまうこともあります。こちらについては、申し込みの段階ではなく審査に通過してから提出してくださいと言われることもあります。収入証明書については、役場で取得できるものや源泉徴収票などがあります。その他には、会社からの給料明細書を数ヶ月分提出するというケースまでさまざま。審査に通過し、契約を結ぶ際には追加が必要となる書類が収入証明書類になります

審査をする段階で身分証明書やその他個人情報として、お住まいの住所や電話番号、ご自身の生年月日で元が必要になります。また、どこで働いているのかについても正直に記入する必要があります。虚偽の内容で申し込みをしても在籍確認をするキャッシング会社が多いので、すぐにばれてしまいます。アルバイトや契約社員など自分が働いている会社と、働いているスタイルを正直に記入しましょう。